2007年7月15日 (日)

BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その7 ゴビハイウェイ2

くっきりと刻まれたピストを110キロで巡航しながら、徐々に近づくCPを確認する。
CPには、先程から後姿を追う赤いマシンが停止していた。

三谷さんの後姿に見えたそのマシンは、#15のオレンジのKTMだった。
こちらが減速に入ると、#15は先を急ぐように発進して行った。
そういえば、SSスタートに移動するとき、ちょうどスタートしていったのも、オレンジのKTMだった気がする。
CPでマシンを停止させ、チェックカードをオフィシャルに渡しチェックを受ける。
既に、KTMは小さくなっている。
勝負をするつもりは無かったが、もしかしたらモンゴルを走りなれているライダーで、走り方を盗めるかもという期待もあり、とりあえず視界に捕らえておきたいと考えて、直ぐにマシンを発進させた。

続きを読む "BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その7 ゴビハイウェイ2"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その5 RCP

リエゾンの制限時間3時間まで、あと15分というところで、給油ポイントのガススタンドにたどり着いた。
コンクリの白い路面と青い空、茶色や空色の低い建物と、銀色の大きなタンクが町を埋めていて、日差しの強さから、町の風景のホワイトバランスは、完全に露出オーバーだった。
ガススタンドは町の入り口にあり、何人かのエントラントが給油や休憩を行っていた。
とりあえず、満タンにする。
給油量は10Lに満たず、燃費は20キロ以上を維持していた。
燃費20キロということは、アチャルビスのタンク満タンで、400キロ以上の航続距離を保障する。それは、ミスコースが続く自分にとって、とてつもない安心感を与えてくれた。、
代金の9000ツゥグリグを払い、スタンドの外れのスペースにバイクを運ぶ。
そこには、泉さんや三谷さんなど、ライノの菅原さん、スリッパの近藤さんなど、6名ほどが体を休めていた。
用を足すために、ガススタンド裏のトイレに向かうと、底には赤さびた直径数メートルのタンクが横倒しになって放置されており、スタンド裏に詰まれた瓦礫とあわせて、自分の中にある”共産圏”のイメージと一致し、しばしその印象を味わった。

続きを読む "BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その5 RCP"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

装備品を検証する

レポートとを完成させることも重要な課題ですが、BTOU2006をデータで総括する必要があるのではないかと思うようになりました。

今回、BTOU2006でモンゴルに持ち込んだ装備品をまとめたので、公表します。
キャメル・ウエストバック・テールバック・10キロダッフル・20キロダッフルの各種収納別で荷物をリスト化してあります。

BTOUに初出場の皆様には、参考になると思います。

(閲覧にはAcrobatReaderが必要です)

装備品リスト(キャメル+テール+ウエストバック)ダウンロード

装備品リスト(10kg・20kgダッフルバック)をダウンロード

また、予備パーツに関しては、以下の情報も記載してあります。

 ・実際に使用したものの残数
 ・準備した個数が多すぎると判断したパーツ
    変更後の予備個数
 ・その他、変更したほうが良い点

振り返ってみると、どうやらパーツを持ち込みすぎたようです。
皆さんがリストを見た場合、ECUやレギュレーターなどは、不要に思われると思います。
ただし、ECUやレギュレータは潰れたら走行不可になりますし、例年参加している「坂内24時間耐久」においてレギュレーターがパンクして、リタイアした経験があります。
不安だったので、予備を持つことにしました。

リストの装備品を詰め込んだ状態で、各バックの重量は以下の通りでした。
・10kgバック 9kg
・20kgバック 19kg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

ホームページ始めました

ホームページ作りました。

ブログでレポートやBTOUの情報を書いてきましたが、レポートも溜まったし、情報も整理したいと考えて、ホームページに情報をまとめることにしました。

BTOUで使えるレース保険や、通関手続書類の印刷が楽になるEXCELシートなどもあります。
レポートを途中から読むのにも便利です。

ぜひ、一度遊びに来てください。

  野村商会番頭のバイク日記のホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レポートをより理解するために

レポート読んでくれている皆様、なかなか進まずすいません。

あの景色、あの状況をどうやって文章で表現しようか悩む日々ですが、読んでいる人もイメージ出来ないのではないかと申し訳なくなります。

そこで、BTOUについて書かれた、いくつかのサイトをご紹介します。
写真が掲載されたサイトもあり、BTOUをイメージする助けになるのではないかと思います。
ぜひ、訪れてみてください。

 BTOU主催SSER BTOU2006のページ 
 http://www.sser.org/2006_btou/index_j.shtml

 「I LOVE FREE RIDE」 
 http://ilovefreeride.web.fc2.com/

  「ラリーパパのGO!GO!ラリー」
  http://rally-papa.jugem.jp/

 プリウスで有名 TeamACPのページ 
 http://www.team-acp.co.jp/
 BTOU2006のページに、レース中の豊富な写真があります。

 JRM ONLINE 
 http://www.j-r-m.co.jp/
 ライノを駆る菅原さんと、バギーを駆る近藤さんのレポート

 うなぎ工房の徒然草 
 http://unagikobo.exblog.jp/
 メカニックから見たBTOU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その3 スガワラ峠へ2

空に向かって駆け上がったはずだったが、傾斜が緩くなった先に待ち受けていたのも谷の底だった。
一段階段を上っただけ。
入り込んだ谷は、やはり奥に向かって谷が細長くなっていき、その先には厳しい傾斜の山が立ちふさがる。
この谷の奥から、あの山を一気に上り詰めるのだろう。

続きを読む "BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その3 スガワラ峠へ2"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その2 スガワラ峠へ1

スターターのカウントダウンを聞きながら、暖かな日差しと青い空に溶けるように遠ざかる#33桑島さんのTTRを見送る。
昨夜のゴールが、今のスタートラインだ。
昨夜、完全な闇に沈んでいた世界は、今は光に満ち溢れる。
そうか、こんな丘陵地帯を走ってきていたのか。
闇に浮かぶピスト、そしてはるか遠くに輝くランタンの頼りにゴールにたどり着いた昨夜と、光に満ち溢れた世界の違いの大きさに、当然のことながらも驚きがあった。
「10秒前」
スターターの声と共に、XRのシフトを1速に落とす。
ホンダ車特有の、ショートストロークで小気味良いカチリとした感触をブーツ越しに感じつつ、スタートを待つ。
「5・4・3・2・1」
さあ、行こう。
「スタート」
少しアクセルを明け気味に、XRを弾けるようにスタートさせた。

続きを読む "BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その2 スガワラ峠へ1"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月15日 (金)

BTOU2007 ULANBAATAR-UVS

借金返済まで行ける訳ないのですが、どうしても内容を知りたくて、行ける見込みは無いけれど内容が知りたいことを連絡し、資料をいただきました。

BTOU2007 ULANBAATAR-UVS

そして、UVS周辺の地図がデザインされたダンボールの封筒が届きました。

P1010462_1


内容の紹介は次回として、今回のラリーもすごく心引かれるものでした。
DVDが付いていたのですが、プロモーション映像で一番印象に残ったテロップがこれ!

「北京のスタートは、オリンピックが終わるまで待とうではないか。
 しかし、だからこそ遥か彼方、カザフの大地まで歩を進められるのだ」

やはり、北京スタートは、もう少し後になるんですね。
でもかわりに、西に進み、新しい地域を開拓できるのならば、BTOU2007もすばらしいものになりそうです。

あー、行きたいなあ。

出場の皆様、がんばってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

BTOU2006レポート ETAP2(8月8日) その5(完成版)

19時15分、CP発。

残り70キロを2時間。
夜間走行を避けるためには、そのオーダーをこなす必要があった。

スタートしてしばらく行くと、電柱に併走し始めた。
村は近いな。
コマ図を数コマ分カラ送りすると、やはり村のコマ図があった。

続きを読む "BTOU2006レポート ETAP2(8月8日) その5(完成版)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

火曜から海外出張なので

火曜日から海外出張です。
行き先は東南アジア、期間は9日間です。
ですので、レポートその5の修正は、その後になります。

今しばらく、お待ちください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧