« 2007年3月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月22日 (金)

BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その6 ゴビハイウェイ1

ETAP3 後半のSSに飛び込むと直ぐに、複数の分岐が現れる。
玉砂利の上を草が薄く覆う平野に、車両が通過した跡のピストが走る地形は、大きな目印が少なく、かつ分岐が多く迷いやすそうだ。
まずは、数キロ先の「変電所のような建物」の左を通過するのが最初の目印なのだが、道なりにピストを進むと、変電所の右を通過することになった。
しかし、見通しはよいので、リカバリーは難しくない。
変電所を越えて左側を確認すると、三谷さんの赤いXRがほぼ並行する位置を走っているのが見える。
なるほど・・・・・・
直ぐに左に向かうピストに乗り、三谷さんの後方に向かう。
余計に走った距離は400mくらいと目安をつけて、次の2つのコマ図を目印に、距離を補正する。

続きを読む "BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その6 ゴビハイウェイ1"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月18日 (月)

JGSC以来・・・・・

JGSC(GSチャレンジ)のオフィシャル参加以来、BMWの非常にこだわりのある、偏った造型の美しさに、妙に惹かれている自分がいます。
しかも、杉山ゲレンデで、三橋先生の劇走をみて脳を焼かれてしまい、一生に一度は乗ってみたい(かも)と妄想が浮かぶ始末。

もちろん、求める単車の傾向としては、適正排気量・軽量・質実剛健ですし、BTOU以来資金難民と化している身には、夢を見ることすら許されていないのですが・・・・・。

(これは。。。。何?)

続きを読む "JGSC以来・・・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その5 RCP

リエゾンの制限時間3時間まで、あと15分というところで、給油ポイントのガススタンドにたどり着いた。
コンクリの白い路面と青い空、茶色や空色の低い建物と、銀色の大きなタンクが町を埋めていて、日差しの強さから、町の風景のホワイトバランスは、完全に露出オーバーだった。
ガススタンドは町の入り口にあり、何人かのエントラントが給油や休憩を行っていた。
とりあえず、満タンにする。
給油量は10Lに満たず、燃費は20キロ以上を維持していた。
燃費20キロということは、アチャルビスのタンク満タンで、400キロ以上の航続距離を保障する。それは、ミスコースが続く自分にとって、とてつもない安心感を与えてくれた。、
代金の9000ツゥグリグを払い、スタンドの外れのスペースにバイクを運ぶ。
そこには、泉さんや三谷さんなど、ライノの菅原さん、スリッパの近藤さんなど、6名ほどが体を休めていた。
用を足すために、ガススタンド裏のトイレに向かうと、底には赤さびた直径数メートルのタンクが横倒しになって放置されており、スタンド裏に詰まれた瓦礫とあわせて、自分の中にある”共産圏”のイメージと一致し、しばしその印象を味わった。

続きを読む "BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その5 RCP"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トレーニング

数ヶ月前から時間を作って、自転車トライアルの練習をしています。
自転車トライアル自体、かなり前からかじっていたのですが、やったりやらなかったりで上達は止まっていました。

昨年のBTOUショック(多額費用返済)でバイク自体に費用を掛けれなくなって、安くテクニックを向上する方法を模索して、自転車トライアルに再度まじめに取り組みことにしました。

続きを読む "トレーニング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

GSチャレンジ2007のお手伝いをしてきました

GSセントラルの末席をいただいている関係で、GSチャレンジのお手伝いをしました。
最小排気量のTTRで走り回った2日間でした。

P10000611


続きを読む "GSチャレンジ2007のお手伝いをしてきました"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年7月 »