« トレーニング | トップページ | JGSC以来・・・・・ »

2007年6月18日 (月)

BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その5 RCP

リエゾンの制限時間3時間まで、あと15分というところで、給油ポイントのガススタンドにたどり着いた。
コンクリの白い路面と青い空、茶色や空色の低い建物と、銀色の大きなタンクが町を埋めていて、日差しの強さから、町の風景のホワイトバランスは、完全に露出オーバーだった。
ガススタンドは町の入り口にあり、何人かのエントラントが給油や休憩を行っていた。
とりあえず、満タンにする。
給油量は10Lに満たず、燃費は20キロ以上を維持していた。
燃費20キロということは、アチャルビスのタンク満タンで、400キロ以上の航続距離を保障する。それは、ミスコースが続く自分にとって、とてつもない安心感を与えてくれた。、
代金の9000ツゥグリグを払い、スタンドの外れのスペースにバイクを運ぶ。
そこには、泉さんや三谷さんなど、ライノの菅原さん、スリッパの近藤さんなど、6名ほどが体を休めていた。
用を足すために、ガススタンド裏のトイレに向かうと、底には赤さびた直径数メートルのタンクが横倒しになって放置されており、スタンド裏に詰まれた瓦礫とあわせて、自分の中にある”共産圏”のイメージと一致し、しばしその印象を味わった。

三谷さんたちと、たわいの無い話を短くしたあと、ETAP3後半のSSのスタート地点に向かう。
コンクリートの道は、工場の脇をかすめながら、自分を町の郊外にいざなう。

SSのスタートは、緑が敷き詰められた平野からだった。
ただ、路面は玉砂利が多く、この町までの土主体の路面では無かった。

コンパスの指す方向には、低いが山が立ちふさがり、これから山を越えるコースになることを知らせている。
山は薄いフィルターがかかっているように微妙にかすんでいるのだが、周りに相対的に比較できるものが無いため、その距離感が分からない。

ゆっくりと、SSのスタートに入ったのは、リエゾンの制限時間の終了5分前だった。
とりあえず、制限時間ぴったりでSSをスタートすることをオフィシャルに伝えて、コントロールライン手前でバイクを降りる。

スタートラインでは、オレンジ色のKTMが、腹に響くシングルのサウンドを響かせて、飛び出して行くのをぼんやりと眺めつつ、自分の前にライノとスリッパが並んでいるのを確認する。
ウェアやウェストバックやキャメル、バイクのパーツ・荷物を点検する。

そうしているうちに、町のほうから三谷さんが現れた。
これは、いやな展開になるなあ。
三谷さんとは、同じクラブ(福井のTeamJet's)で走り、キャラクタも良く知っている。
JET'sの名物は、車間がほとんどない、狂った(ような)ガチンコ接近バトルだ。
あれが、来るかあ、BTOUで・・・・・・・と、苦笑いが浮かぶ。

多分、今回も同じようなペースで走るため、どちらかが引き役になるような状況がまざまざと目に浮かんだ。
引き役にしても、追い役にしても、結局相手が視界から消えないので、意識せざるを得ない。
できれば、今日の前半のSSのように、単独走行を続けたかった。

しかも、三谷さんはコントロールライン手前で止まる自分の後方に、わざわざ停止して、自分の後ろを追うつもりのようだ。
相変わらずいやらしい。

まあ、仕方が無い。
コースを見ると、玉砂利の平野にピストが走っている。
しかしそのピストは、スタート直後から、放射状に分岐している。
河原のような玉砂利の平野がいたるところで緑が薄いところがあり、ピストが緑の中を貫く明確なラインではなく、砂利の路面の走行跡をたどることになる。

スタートラインでは、菅原さんのライノと近藤さんのスリッパが次々とスタートしていく。

スタートの制限時間までは3分。
とりあえず、わざとゆっくりと準備を進め、精神を安定させる。
できればここで、三谷さんが先行を選んでくれれば楽なのだが、(いやらしい)追い方の性質をもつ三谷さんは、先行は選ばないだろう。

残り1分になったところで、開き直った気分でコントロールゾーンに入り、スタートラインに並び、スタートを待つ。

息を静かに吸い込み、カウントダウンに体のリズムをあわせる。

5・4・.3・2・1 スタート

JET'sなら、三谷さんに石つぶてを浴びせて走り去るのだが、今回は「自分ひとりだ」と自分に言い聞かせるように、トラクションを意識してXRをステージに滑り込ませた。

|

« トレーニング | トップページ | JGSC以来・・・・・ »

コメント

おぉ~、何時の間にか復活してる。
ご無沙汰です、お元気そうでなによりです。

なんかもう一年経つんですね・・・時間の流れは早い

続きを楽しみにしてます。

投稿: おおしま | 2007年6月25日 (月) 07時41分

おおしまさん

お久しぶりです。
そうですね、もう一年です。
早いもんですね。

大島さんがレポートに出てくるETAP4まで、あと少しです。お待ちください。

投稿: ノムラ | 2007年6月28日 (木) 05時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48032/5103447

この記事へのトラックバック一覧です: BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その5 RCP:

« トレーニング | トップページ | JGSC以来・・・・・ »