« BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その4 リエゾン | トップページ | ついにあのマシンが! »

2007年3月 4日 (日)

壮年はゴビハイウェイの夢を見る お勧め映画「世界最速のインディアン」

皆様 本当にお久しぶりです。
ここ数ヶ月 忙しさにつぶされていました。

とりあえず、徐々に復活ということで、最近見た映画を紹介したいと思います。

Indexian


見た映画は「世界最速のインディアン」です。
この映画の舞台は1960年代です。
ニュージーランド在住の63歳 バート・マンロー  が、40年以上前のオートバイ「インディアン・スカウト」で、オートバイの世界最高速度記録に挑むという内容です。
バート・マンロー は実在した人物で、63歳から何度も世界記録に挑み続け、68歳で記録した世界記録が、現在も破られていないという伝説の人物で、映画は事実に基づいています。

世界最速に挑戦する舞台は、アメリカの「ボンヌヴィル塩平原」という場所ですが、彼はニュージーランドに住んでいるのです。
映画の最初では、60を越えて、しかも時代遅れのオートバイで、しかも資金が無い状態で、舞台から遠く離れても、世界最速の夢を捨てない姿が描かれます。

「夢が無ければ、人間は野菜と同じだ」
「最高速に挑戦している5分間は、一生に匹敵する」
「リスクが人生に味付けをする」

そんな彼が紡ぐ言葉は、いつもポジティブでユーモアに富み、年は取っていても女性と甘い関係を保ち、周囲を巻き込まずにはいられないエネルギーが溢れています。

そんな彼は、周りの助けを駆りながら、終に最高速の舞台を目指してニュージーランドを旅立ちます。

その後は・・・・・・・・・、ぜひ皆さんご自身でご覧ください。

バート・マンローを、「羊たちの沈黙」のレクター博士を演じた、アンソニー・ポプキンスが演じていますが、彼の表情がすごくいいです。

自分も、年を取って、あの表情が出来たらなあと、しみじみ思います。
そして、バート・マンローのように、刺激に富む人生を生きていけたら、きっと老いることは無いと思います。

後半、ボンヌヴィル塩平原を走るシーンは、まさにゴビハイウェイを全開にする感覚そのもの。
ぜひ、あの感覚を思い出すため、または体感するためにも見てもらいたいです。

主人公のエネルギーに触発されたのか、映画が終わると、なんだか頭の中がすっきりとしていました。

|

« BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その4 リエゾン | トップページ | ついにあのマシンが! »

コメント

トラックバックさせて頂きました。
これからよろしくお願いします。

投稿: モバライダー | 2007年3月 5日 (月) 17時58分

観られたんですね。
良いなー!!
羨ましいなー!!
って、近場で上映しているところが無いんですよ…涙
北陸では石川県の金沢で1館だけ…

投稿: ラリーパパ | 2007年3月 8日 (木) 01時40分

おしさしぶりです!
あまりにもご無沙汰で失踪説出ていましたよwww
この映画見たいのにこちらも来ていません!!!
くやし~っ!!!

投稿: のりお | 2007年3月 8日 (木) 19時24分

ラリーパパさん、のりおさん
お久しぶりです

久しぶりのシャバです。
太陽がまぶしいです。

この映画、こちらにも来ていなくて、車で1時間ほど離れた妻の親類宅に伺ったときに、途中で抜け出して見に行きました。

いやあ、いいですよ。
金沢ではやっているとか。
ぜひ、無理やりにでも見に行ってください。

大画面じゃないと、ゴビハイウェイは体感できませんよ。

ラリーパパさん
私が失踪している間に、すごいの買っていますね。
ぜひ、感想聞かせてね。

投稿: ノムラ | 2007年3月 9日 (金) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48032/5565912

この記事へのトラックバック一覧です: 壮年はゴビハイウェイの夢を見る お勧め映画「世界最速のインディアン」:

» mixiで月収93万円の不労所得を得た男 [40歳サラリーマン]
mixiを使った稼ぎ方を教えます!mixiを楽しみながら、○○○○するだけで、あとは、ず~~っとほったらかし状態。あとは、毎月毎月銀行口座にお金が振込まれるのをニヤニヤしながら確認するだけなんです。会員になるための方法も載せてます!先着100名様のみ値下げ実施中。... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 16時13分

» 世界最速のインディアン [モバライダー]
昨日は、世界最速のインディアン見てきました。 大阪のテアトル梅田という小さな映画館だったのですが、 内容は大満足 (^^) ニュージーランドの田舎町“インバカーギル”に住むバート・マンローが、レースに出るためにアメリカに渡る話。 目的はボンヌヴィルの大会で、スピードの世界記録に挑戦することです。 ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 17時58分

» バイク選びのポイントその2 [趣味を探そう!]
バイク選びのポイント続編です。お目当てのバイクが見つかったとしますね。 [続きを読む]

受信: 2007年3月 7日 (水) 18時00分

« BTOU2006レポート ETAP3(8月9日) その4 リエゾン | トップページ | ついにあのマシンが! »