« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

BTOU2006レポート ETAP2(8月8日) その1

ETAP2 BAYAN UNJUUL - ARVAYHEER
「緑なす、たおやかな草原で、テムジンはチンギスハーンに」
S:496.48km(ECO S:288.88km L:113.85km)

「ラリー2日目。1日目に起きた様々な問題を調整する能力と余裕はあっただろうか。大軍を率いて戦いに挑むために必要なものは、数十万の牛馬を養う豊かな草原にほかならない。この漠北に広がるたおやかな草原で、テムジンは成長し力を蓄えた。ラリーのルートは、その男の足跡をなぞるかのように、ひとたび西に向かう。そこは大軍を率いて西征に赴いた道であり、子のオゴティが壮麗な宮殿を築き、世界が長蛇の列を成し朝貢に辿った道だ。

RCPは西に向かう舗装路に出たところにある。そこにあるガソリンスタンドで給油をする。エコチャレンジはその舗装路を西にビバークへ。エコ部門のスペシャルのタイムはRCPまでのタイム÷288.88×496.48として算定する。リエゾンのタイムも勘案される。燃料消費はSS+リエゾンで算定する。はこれはETAP2と3のみの措置である。

いっぽうのラリーは、ため息のでるほどにそれは美しい草原に踏み込む。行程中ほんのわずかだが舗装路を使う、そこは特に気をつけて欲しい。給油はビバーク近くにあるスタンドで。」

続きを読む "BTOU2006レポート ETAP2(8月8日) その1"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年8月27日 (日)

BTOU2006レポート ETAP1(8月7日) その3

残り20キロ地点で、#23渡辺さんにパスされる。
KTMを駆る彼のスピードは速い。
追走に入る。
もうすぐ、キャンプ地に向かうクロスピストを通過する。
追走に注意が取られていたため、分岐を見逃し500mほどオーバーランした。
すぐに気付き、マシンをUターンさせる。
しかし、渡辺さんはミスコースに気付かずに、丘の向こうに消えていった。
後で聞くと、100キロのミスコースにつながってしまい、最終的にGPS走行でキャンプにたどり着いたそうだ。

続きを読む "BTOU2006レポート ETAP1(8月7日) その3"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

BTOU2006レポート ETAP1(8月7日) その2

クラッチをミートしたXRは、軽やかに滑り出す。

路面は安定していて走りやすい。
オフィシャルの話の通り、4駆を越えた場所のピストに乗り、アクセルを開ける。
数コマ先に書かれた電柱の列が、数百メートル先に見える。
すぐに電柱は迫り、電柱に沿うように走るピストに乗る。
このとき、これだけ広いと電柱が良い目印になる。と思いながら走っていたが、ETAP2で電柱が本当に重要な目印になっていることを思い知らされることになる。

続きを読む "BTOU2006レポート ETAP1(8月7日) その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BTOU2006レポート ETAP1(8月7日) その1

ETAP1
「神に祝福された大地に解き放たれる。テムジンのように」
リエゾン 36.67Km
SS    297.27Km
TOTAL 333.94Km

「1206年まで、われわれは800年の時空を遡る旅に出る。モンゴル高原は混乱し群雄は割拠していた。少年テムジンはそこから長く果てしなく、そして飽くことのない彼を旅はじめた。そのモチベーションは、諸説あろうともいまだ解明されているとは言い難い。この気の遠くなるばかりに茫漠たる大平原に、その心の手がかりを求めて旅立とう。旅立ち、それはまたテムジンのように試練と困難に直面することを意味する。

ヌフトからはしばらくリエゾンでウランバートルをあとにする。36kmばかりの舗装路だ。続くスペシャルは297km ある。つまりこの日の走行距離は330km超、規定の航続距離を越える。したがってスタートに待機するカミオンバレイから、少しだけ燃料を補給できる。

ルート前半は細やかなナビゲーションが試される。やがてゴビだ。豊かな感性と細心の気配りをしたテムジンのように、最初は処女のごとく駆け抜ける。 」

続きを読む "BTOU2006レポート ETAP1(8月7日) その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

今日から仕事

BTOU終了から4日。
ついに仕事が始まります。
頭は、モンゴルと日本の中間で漂ったままで、さらに体に残るどんよりとした疲れも抜けていませんが、何とか現実に復帰したいと思います。

BTOU終了直後から仕事を始めた方には、本当に頭が下がります。

ところで、最近レポートを書き始めましたが、デジカメをモンゴルに忘れてきたので、ほとんど手元に画像が無く、困っています。

キャンプの様子や、スタートの様子など、写真を譲っていただける方がいましたら、よろしくお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

BTOU2006レポート ウランバートルへ(8月6日)

今日はウランバートルへの移動日。

続きを読む "BTOU2006レポート ウランバートルへ(8月6日)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BTOU2006レポート 北京へ(8月5日)

朝5時30分起床。
朝6時に朝食を取り、チェックアウト。
シャトルで成田についたのは朝7時だった。

続きを読む "BTOU2006レポート 北京へ(8月5日)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

BTOU2006レポート 旅立ちの日(8月4日)

8月4日は旅立ちの日。

続きを読む "BTOU2006レポート 旅立ちの日(8月4日)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BTOU 無事完走しました。

8月18日午後6時 無事自宅に帰還しました。

応援してくれた皆様のおかげで、完走することが出来ました。

ありがとうございました。

詳細な内容については、今後報告させていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

出発の日

朝5時です。

BTOUの参加の意思決定から9ヶ月。いよいよ出発の朝を迎えました。
心境は、なぜか穏やかで、まったく緊張も高鳴りもありません。

競技前にこのような静かな気持ちなのは初めてです。
まあ、スタートが近づくにつれ、一気にテンションが上がると思いますが。

今日は、会社が終わったら、普通列車を乗り継いで成田を目指します。
深夜にかけて移動する、5時間強のゆっくりとした列車のたびですが、それが今日の気持ちにぴったりだと思います。

このブログも、8月18日までお休みです。
8月18日には、無事にブログが書き込めるように、怪我をしないように楽しんできます。

最後に、お世話になった方々へ。

 わがままを認めてくれた妻に
 JET'sの友人たちに
 野口シートをスポンサーしてくれた仲間たちに
 タイヤ代に協力してくれた親友たちに
 応援してくれた会社の同僚に、上司に
 福井の友人たちに

 良いエンジンを組んでくれたサードアイズに
 パーツの入手に力になってくれたオートランド磐田に
 サスペンション・フレームのOHに力になってくれたプロジェクトサイエンスに
 良いシートを作ってくれた野口シートに

 メッセージをくれた方々に

 感謝いたします。行ってきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »