« 新たなラリーの開始 それは資金集め | トップページ | 500キロで 水はどれくらい飲みましたか? »

2006年7月15日 (土)

猛暑・豪雨 500キロ! 

暑かったですねえ。今日は。
浜松では、38度が記録されたそうです。

まさに、BTOU練習日和。

ということで、今日の練習は、フル装備で長距離を走ってみることでした。

まず装備は、次のとおりです。
 1.ブーツ・MXパンツ・MXウェア
 2インナープロテクタ
 3.ラリージャケット
 4.キャメルバック(内部にカッパとフリース・非常食・水3L)
 5.ウエストバック(工具)

この装備で、TTR125に乗り、浜松から長野を目指しました。
今回の目標は、装備になれる。水の消費量を把握する。なるべく止まらない。休まない。

出発は、午前10時。

まずは、ダートを交えながら、国道152を北に向かいます。
浜松から一直線に北に目指すルートです。
この時点で、すでに気温は35度。
時々止まっては、キャメルの肩のバンドの長さを調整したり、ジャケットのベンチレーションを開きながら、快適な部分を探します。

真っ先に気になったのは、ウエストバックとキャメルの干渉でした。どうやっても良い位置が見つからないので、ウエストバックを使わずに、キャメルの中に工具を詰めました。
肩に掛かる重さを懸念していましたが、全然問題なしだったので、本番もキャメルのみで行きます。

152号線は、ところどころ狭くアップダウンの激しい峠があり、距離が稼ぎづらい道です。
ただ、TTR125は、かなりクイックに向きを変えれるので、狭い峠でも高いアベレージをキープ出来ます。
ただ、集中力がいるので疲れるんですけどね。

2つめの大きな峠、地蔵峠を越えるころに、強烈な睡魔が襲います。
前日の睡眠時間が少なかったのが原因ですが、ペースを落として、水分を取ったりしながら、集中力を保ちます。
峠の下りでロードのリッターバイクに抜かれました。おかげで目が覚め、TTRの走りを見せ付けるべく、追撃に入ります。
しかし、相手は非常にクレバーな走りで、しかもハイペース。
向きの変え方とライン取りからみて、ジムカーナ屋だと推定。
ともかく、非力なTTRは下り勾配でしか距離を詰めれないので、下りのターンにすべてをかけます。
下りのタイトターンでちょっと縮めて、登り勾配は必死についていく作戦です。

そのバイクは、ブラインドコーナーで、非常にうまくマージンを取るので、安心して後ろを走れます。
こんな狭い峠、しかも下りで・・・・という速度で、高速ランデブーが続きます。
やがて、集落が見え始め、ランデブー状態のまま峠は終わりました。
峠終わりの水辺で、前を走るバイクは、休憩のためでしょう 速度を落としました。
本当に、勉強になりました。

Sany0153_1 


.(長野県大鹿村にて こうやって撮ると TBIぽくないですか)

浜松から150キロほど走った大鹿村で、昼食休憩。
商店でパンを買って短い休憩です。

その後は、峠から林道に入ったりして、楽しく走行。
林道ではTTRの低重心を生かし、全力アタック。
TTRは林道でも意外と速い。
ただし、サスが短いため、ギャップを拾ったら、大きく振られる怖さはありますが。
この路面を読む緊張感も、BTOUの練習になりそう。

気温は高めのままですが、ベンチレーション全開のラリージャケットは快適でした。

Sany0154


長野県高遠町まで来たとき、急に空が暗くなり、雷鳴がとどろき、大雨が降り出しました。
嵐のような風も吹き、バス停の看板が倒れ、道路を軽々と転がっていきます。
たまらず、商店の軒下に避難。予定外の休憩でした。
商店のおばさんは、生まれてから見た、もっとも激しい雨だと言っていました。

Sany0156
その後も小雨が降り続きます。浜松を出て5時間後、長野県茅野市に到着しました。
その後は、国道20号線で甲府を目指し、甲府からは国道52号線で静岡市に戻ります。
この日国道20号線は大渋滞で、狭い路肩を何とかバランスをとりながら、すり抜けを繰り返します。

甲府着は、午後5時30分。
その後52号線を静岡に向かって激走。
途中で雨が止み、ペースが上がります。

静岡には、午後6時30分着。
多少渋滞している国道1号線バイパスをかっ飛ばし、浜松には午後8時30分に到着しました。

総走行距離は500キロ強。
装備もなじみ、後半は無休憩で走行できました。
気温も高かったですが、水も少しづつ飲むようになり、余り量を減らさずに走れました。

国道20号線を除き、渋滞が無くアベレージも高め、加えて152号線でも高いペースで走行できたので、550キロを11時間ほどで走破出来ました。
平均速度も距離もBTOUっぽいですね。

気になったのは、今回1500mmの峠を越えたとき、明らかにエンジンがふけなくなったことです。
BTOUでは3000mmの峠越えがあるようですので、ジェットの交換は不可欠でしょうね。

あと、1回ほど、長距離を走ってみたいと思います。

|

« 新たなラリーの開始 それは資金集め | トップページ | 500キロで 水はどれくらい飲みましたか? »

コメント

南アルプス1周お疲れ様です!
茅野市内のR20ってホント渋滞しますよね。
わたしゃいつも杖突を下ったトンネル手前で旧道へ。
高速高架下&宮川沿いに南下し坂室でR20出ると渋滞避けられますよー

その後穴山橋で右折して南下
35°45'41.59"N 138°24'4.11"E
時折ウロウロしつつ更に南下
35°38'16.08"N 138°26'23.79"E
35°38'12.57"N 138°26'34.17"E
35°34'50.40"N 138°26'53.62"E
35°33'20.77"N 138°27'5.27"E
鰍沢警察の南でR52へ
35°33'0.90"N 138°27'37.15"E

この道はのどかで良いですよ

投稿: うなぎ | 2006年7月17日 (月) 00時35分

うなぎさん こんばんわ

いつも良い情報ありがとうございます。
この日は、家の鍵を閉めたときに地図を忘れたことに気付いたのですが、まあ予備知識はあるし、迷ったらそれはそれで楽しいし、地図なしで走って方向感覚を試すのも訓練になって良いのではと、地図なしのまま出発しました。
そのせいでR20の迂回路を判断できず、すり抜けを続ける羽目になりました。
今度行くときは、うなぎさんのルートを試してみたいと思います。

でおR152って、道はきついし、距離が長いので時間はかかるけど、それがTBIっぽくていいですよね。

投稿: ノムラ | 2006年7月17日 (月) 01時31分

初コメントです。
こちらは大雨で一昨年の福井豪雨の再来かと思わせるくらいでした。
さてさて、長距離ランお疲れ様でした。私も毎年車のイベントで韮崎→茅野間を走ることがあるのですがR20は混雑しすぎてて、直ぐに旧道に入っちゃいますね。R152って四国で言うR439みたいな道ですかね?南アルプスを巻く道路、一度走ってみたいです。
このブログを拝見させてもらうと、ノムラさんのモチベーションの高さに、いつも自分が引っ張り上げられます。今年こそは北アルプス「剣岳」にアタックしたいと目論んでおります。。

投稿: ながた | 2006年7月17日 (月) 22時04分

ながたさん こんばんわ
SRX元気ですか

R152は、急がないときは、景色はいいし、通過する町はのんびりしているし、私は好きになりました。一度走ってみてください。
福井県で言うと、美山ー池田-大野宝教寺間のぽいですね。

北陸の大雨は、朝のニュースで知りました。加賀温泉が床上浸水したとか。
最近、やっぱり気候がおかしいですよね。

剣山、ぜひ成功させてください。写真も見せてくださいね。
それでは、皆さんによろしく。

投稿: ノムラ | 2006年7月17日 (月) 22時38分

地図無しって楽しいですよね。私も最近は持たなくなりました。たまに山神様の悪戯で同じ所に戻ってしまいますけど…(笑)

迂回路を地図で案内するのも何なので、GPSポイントにしてみました。
国土地理院と、ぐるぐる地球4で確認はしてますんで、間違ってないとは思いますけど。途中存在意義不明なループ橋なんかがあって、楽しめると思います。

ながたさん
初めまして。今年の梅雨は大雨が多いですね。増水で流されない様お気をつけ下さい。
R152は、R157温見峠とダブる所があります。ノムラさんの池田ルートも狭い道登って、すぐ脇に滝があって駐車場なのか道路なのか判らない道に驚いた事を思い出しました。

あ、昔付き合ってた彼女と初キャンプツーリングで寄ったんだっけ・・・うぅぅ

投稿: うなぎ | 2006年7月18日 (火) 00時44分

うなぎさん こんばんわ
R157よりR152の方が、人の気配があって寂しくは無いですね。
R157走ろうと思うと、よく道路崩壊で通行止めなんですよね。
福井県大野市からR157で岐阜に抜けて、その後旧徳山村に抜けて、そこから冠山林道で福井県池田町に戻るか、福井県旧今庄町にもどるのが、孤独を味わえる定番ルートですね。

宝教寺ルートを知っているとはマニアックですね。滝は龍双が滝といいます。確か全国滝100選に入っていると思います。

ツールド福井というイベントの定番ルートですね。

投稿: ノムラ | 2006年7月18日 (火) 01時18分

実は初めて原付でキャンプツーリングに行ったのが温見峠-大野-九頭竜だったんですよ。
それ以来、何度か足を向けたんですが、ことごとく通行止めでしたね(笑) 今までで通り抜けられたのは4回しかありませんでした。真名川ダム東岸の林道も一度しか抜けられませんでした。
それにしても本当に孤独を味わえる道ですね~

宝教寺ルートはツールド福井定番ルートだったんですか。ツールド福井はなかなか都合がつかず、一度も行けなかったんですよ。

投稿: うなぎ | 2006年7月18日 (火) 12時22分

温見峠、懐かしいですね。ノムラさんと一緒に温泉ツーリングに行きましたよね!
>うなぎさん
はじめまして。最初のキャンプツーリングで温見峠とはなかなか渋い選択ですな~
その温見峠ですが、現在大雨のため通行止めになっています。大雨の時、確かにあの道は危険ですね。。大雨でなくてもいつも何処か崩壊してるし。。

投稿: ながた | 2006年7月18日 (火) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/48032/2669146

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑・豪雨 500キロ! :

« 新たなラリーの開始 それは資金集め | トップページ | 500キロで 水はどれくらい飲みましたか? »